誰にでもある生理的口臭の原因と解消法

口の中は温度も高く、食べカスなどがたまってしまうと細菌が繁殖し、誰でも自然の口臭が発しやすくなっています。

特に起床時や空腹時、過度に緊張した時などにでる、すぐに消える口臭を生理的口臭といい、誰にでもあるものです。
この口臭は治療を必要するものではありません。
ふだんは唾液の抗菌作用によって口臭は抑えられていますが、起床時は唾液の分泌量が低下し、細菌が増加することで口臭がきつくなります。
また就寝前の歯磨きが不十分だと口臭がきつくなることがありますので、水分補給と正しい歯磨きをすることで解消されます。
緊張した時に口臭がきつくなるのは口呼吸になったり、ストレスを感じることで唾液の分泌量が少なくなることでおこります。
緊張した時は鼻呼吸と腹式呼吸を心がけ、水分補給やガムやアメなどで大液の分泌を促すことで口臭が薄まります。
女性の場合、生理時や妊娠中には、ホルモンの作用によって口臭がきつくなることがあります。
これは女性ホルモンのエストロゲンが減少することで、肌や口が渇くことによっておきると言われています。
エストロゲンはストレスや不規則な生活、睡眠不足、老化によって減少しますが、生理中や妊娠中、閉経後の女性、ダイエット中もホルモンバランスが崩れてしまいます。
ホルモンバランスを整えるためには、規則正しい生活と栄養バランスの良い食事が大切です。
またエストロゲンと似た働きをする大豆イソフラボンを摂取することで、女性ホルモンの減少による不調などの改善が期待できます。
空腹時に口臭がきつくなるのも、唾液の分泌量の低下が原因とされていますが、胃の不調が原因のことがあります。
唾液の分泌量の低下が原因の場合は、同じく水分の補給やガムやアメで解消すること出来ますが、
空腹時に胃痛やむかつき、胸やけなどの症状を伴う場合は、胃潰瘍や十二指腸潰瘍の可能性があります。
このような症状がある場合は、早めに診察を受けることが大切です。
生理的口臭は一時的なものですので、歯磨きやブレスケア用品で解消することが出来ますが、これらで解消されない場合は他に原因がある可能性があります。
自分の口臭の原因をしっかりとは空くすることが大切になってきます。

正しいオーラルケアで口臭予防

口臭を気にしてガムやブレスケア用品を携帯している人は多いですが、その場しのぎのケアだけではなく、口臭の原因をしっかり把握することで毎日のオーラルケアをすることが大切です。

口臭の原因である細菌の繁殖を防ぐためには、食後の丁寧な歯磨きが大切になってきます。
しっかり歯磨きをすることは虫歯や歯周病の予防にもなり、これらを予防することで口臭もなくなっていきます。
歯磨きの目的は歯垢を取り除くことです。
歯垢は生きた細菌の塊で、虫歯や歯周病の原因になります。
歯と歯の隙間や歯と歯肉の隙間に溜まりやすいので、そこに歯ブラシの毛先が届くよう意識して磨くようにします。
また加齢によって歯茎が後退し、歯に隙間が出来やすくなりますので、歯間ブラシやデンタルフロスなどで丁寧に歯垢を取り除くことが大切です。
歯垢はそんなに力を入れなくても落とすことが出来るので、磨き方のコツとしては毛先を歯と歯茎の境目、歯と歯の間にきちんとあて、軽い力で小刻みに動かすことです。
歯ブラシがうまく届かないところは、歯ブラシをたてにしてみたり、違う方向から磨くなどの工夫が必要です。
慣れるまでは鏡などを使ってチェックしながら、ブラッシングしましょう。
また歯だけではなく、舌にも細菌や食べカスがついてしまい、これも口臭の原因となることがありますので、歯磨きの後に専用のブラシなどでケアすると口臭予防に効果があります。
舌の表面に白く汚れのようなもを舌苔といい、舌を保護する働きもあるので、多少ついているのが普通です。
あまり強く擦る必要はなく、優しく数回で大丈夫です。
家で出来るオーラルケアをしっかりやっていても、とりきれない歯垢が残ってしまいます。
定期的に歯医者に通院し、ケアをしてもらうことも大切です。
定期的に歯医者に行くことで、口臭の予防や虫歯の予防、歯周病の早期発見につながり、治療も早くすみます。
特に歯周病は自覚症状がないため、気付いた時には症状がひどくなっていることがあります。
定期検診をしっかり受けることで、口臭だけではなく、口の中の健康を保つことが出来ます。

 

口臭を予防・改善する食事法

体臭と口臭は密接にかかわっていて、 口臭と食事は大きく関係していて、口臭予防をするためには食生活を見直すことが大切です。

もともと日本人は穀物や野菜中心の食事に対応した体の作りになっています。

最近では食の欧米化が進み、肉食が多くなったことで口臭がきつくなったとも言われています。
腸の長い日本人は沢山の肉を分解する能力が欧米人に比べ劣っているため、消化に時間がかかり腸の中で腐敗してしまい、これが口臭の原因となっていることもあります。
様々な口臭ケアをしても効果がない場合は、肉中心の食生活を見直し、日本人に合った食生活にすることで口臭が改善されるかもしれません。
また早食いも口臭の原因となります。
唾液の分泌は口臭を抑えるのに大切ですが、唾液の分泌を活発にさせるためには口や下、アゴをしっかりと動かすこと必要です。
歯ごたえのある固いものや繊維質のもを積極的に食事に取り入れ、ゆっくりと噛んで食べることで唾液の分泌を促すことが出来ます。
口臭の予防には緑黄色野菜や海藻類などのアルカリ性の食品が効果があると言われています。
野菜が苦手な方は青汁や野菜ジュースなどで摂取することも可能ですが、野菜類から摂取するより効果が落ちるので、毎日の食卓にこれらの食品が並ぶことが好ましいです。
また塩分や糖分は控えた方が予防になりますし、香辛料の強い食事や匂いのきつい食事も避けた方が良いでしょう。
口臭の予防・改善には栄養バランスのよい食事を規則正しく摂ることが一番です。
出来るだけ多くの種類の食品を摂るようにし、量も胃に負担をかけないように八分目に抑えましょう。
バランスの良い食事は胃腸の調子も良くなり、体内での悪臭の発生を抑えることができるので、口臭の予防になります。
最近は朝食を抜く人が増えていますが、朝食を食べること唾液の分泌が活性化されます。
夕食は睡眠の2時間前にはすませ、睡眠中の胃をしっかり休ませるようにします。
これらのことを心がけると口臭はある程度改善されますが、あまり改善がみられない場合は、他に原因がある可能性がありますので、医師の診察を受ける方が良いでしょう。

他人の体臭が気になる・・・どう伝える?

職場等で近くにいる人の体臭が気になるとき、ありますよね。

デリケートなことなので、
「体臭がきついのでどうにかして」なんてなかなか言えないもの・・・

どう対策すべきなのでしょう?
【あえてはっきり伝える!】
一番オーソドックスな方法ですが、一番難しい気もします。

本人に面と向かって、「体臭がきつい」ということを伝えるというのは、
よほど信頼関係があり、上手な言い方で伝え、
言われた側が素直な心で受け止められる、
という条件がそろっていないと難しいところです。

自分がある日「あなたがくさい。どうにかして」と言われたら、
次の日から職場に行く勇気がなくなりそうです。

飲み会の酔ってる席とかを利用する手もありますが、
いずれにしろ相手を傷つけるリスクは高く、
それからの業務にも支障がでないか心配なところです。
【間接的に、気づいてのサインを出す】
例えば、「体臭チェックやってみようかな!自分じゃわからないよね。」
などといって体臭の話を出してみる。

他の人との共通話題として
「体臭きつい人いるよねー」「お風呂って毎日基本入るよね」
などといって、自分はどうだろう?という意識を持たせる。

「何かこの辺何かにおうんだけど、何だろう。元がわからない」
と周辺をまわって悩むふりをして気付かせるなどのきわどい方法もあります。

ただ、ただでさえ自分の体臭は気付きにくい上に、
体臭が他人に迷惑になるぐらいでも気付かないような人は、
自分を省みる能力が低いのかもしれないので、
間接的なサインにも気付かず、徒労に終わってしまうかもしれませんね。
【生活習慣についてのアドバイス】
体臭は、どんなに清潔にしてもどんなに気を付けても出てしまうものもありますが、
生活習慣をかえれば変わるものが多いと思います。

例えば、お風呂に何日も入らない、シャンプーをたまにしかしない、
靴下を洗わない、服も洗濯しないで何日も着る、
なんていう不潔な生活をしている場合、におうのは当然。
生活習慣を変えれば当然においは改善されるはずです。

関係性にもよりますが、女性が「清潔にしてる男性は素敵」とか
「洗濯とかマメにすべきだよね」なんて言ったのを素直に受け入れる人なら、
それで解決してしまいそうな気もします。
【最後は、自己防衛】
本人に直接はなかなか言えず、間接アピールもうまくいかない場合が多い中。
「他人は変えられないのだから、自分が身を守るしかない」と腹をくくるやり方です。

うるさいときは耳栓をすれば音をシャットアウトできますが、
鼻栓を日常でする人はそうそういません。
するならば、自然に見えるマスクでしょう。

風邪の予防だとか、喉が痛いとか、乾燥するから、と理由をつけていれば、
気づかれずに体臭を避けることができます。

あとは、気候や位置条件によりますが、窓を開けて換気したり、
扇風機でにおいの元を風下になるように風を送ればかなりの効果がありそうです。

相手が気付かない場所に、消臭剤を設置するなんていうのもアリかもしれませんね。
汚れたもの扱いで考えると気の毒ですが、ばれさえしなければ、
互いに気まずくならず、一番平和な解決法と言えますね。

加齢臭の対処方法

加齢臭は自身では中々気がつかないですが、家族から教えてもらったとか、職場の人に指摘された、または仲良しの友人がこっそり教えてくれたなど人から聞いて気がついたりします。
ですが、年齢が40歳を過ぎてくると皆がそれぞれそういった匂いを発生しやすいものです。
ですから、普段から気をつけて生活をしていきたいですね。
加齢臭を防ぐ方法ですが
※<食生活の改善>
やはり食事は一番匂いとの関係が深いと考えられています。
皮脂腺を油で詰まらせないようにする事がとても大事になってきますので、まず食事に気を付けることです。
ファーストフード商品ばかりを食べていると栄養バランスも崩れすぐに皮脂が詰まり加齢臭が発生してしまいます。
また、てんぷらやお肉などといった油の多く含んだ食べ物ばかりを毎日摂ることも加齢臭の原因になります。
良いのは、良質のタンパク質を摂る事で、アミノ酸が酸化を防いでくれ皮膚の状態も健康にしてくれます。
また、ビタミンを多く含んだお野菜や果物もバランス良く接種する事が加齢臭を防ぐ食べ物です。
※<ストレスフリー>
ストレスは加齢臭だけでなく、様々な病気などにも良くありません。
そして加齢臭にもなりやすいのはストレスがかかると活性酸素が発生してしまうためです。
ストレスがあるとビタミンなどもどんどん失われ、肌の状態も悪くなります。
ストレスフリーがベストの状態ですが、現代社会には中々ストレスのかからない生活は難しいものです。
ですからストレスに対応出来るビタミンを多く摂り、タンパク質をきちんと摂取して、ストレスに負けない身体を作っておくことが大事です。
※<身体を清潔に>
加齢臭は、皮脂が詰まり、汚れがつくことで匂いを発生しますので清潔に保つ事が大事になります。
こまめなお手入れである程度の匂いは防ぐことができますので、汗をかいたらすぐに拭き取るようにするなど気をつける必要があります。
お風呂にももちろん毎日入り一日の汚れを落とすことも大事です。
そして着ていた服にも匂いが発生していますので、洗濯をして常に清潔な衣類を心がける事で加齢臭が軽減されます。
また、刺激の強い石鹸など皮膚を痛めてしまうような洗浄力のものを使わないように気をつけましょう。
髪の毛などは特に皮脂の詰まりが目立つ部分でもありますが、あまり洗浄力が強いものを選ぶと頭皮を傷めますので気をつけましょう。
このような対処法をしていくことで加齢臭は防ぐことができます。さらに詳しい加齢臭予防の方法を知りたい方は、こちらのサイトが参考になります。

海外での体臭に対する考え方はこんなにちがう!?

体臭の放ち方は個人差や年齢差によるものがあります。

さらに海外に目を向けると、海外でのにおいの感じ方とらえ方には、
日本と大きな違いがあることに気づきます。
【体臭が嫌がられるのは日本だけ?】
日本人は、欧米人に比べてアポクリン腺の数が少なく、
体臭もおのずと弱いようです。

においがきつくて嫌がられるわきがも、
日本人は10%と言われていますが、黒人ではほぼ全員がわきがで、
欧米人は約80%とも言われています。

さぞ海外ではわきがに悩む人が多いかと思いきや全く逆で、
むしろわきがが当たり前の社会なので、
それによって嫌がられたり不快になったりということがないのです。

日本人は、割合的にわきがが少ないことで、嫌がられる対象となり、
隠したり治療したりとなるのですが、
海外ではそもそも異常とか病気という風には考えないのでしょう。
【食生活による体臭の違い】
また、生まれ持ったものだけではなく、
食生活によって体臭が違うというのも言われます。

韓国ではキムチを日常的に食べるのでキムチ臭くなるとか、
インドでは身体から香辛料のにおいがただよっているとかは聞きますね。

ですが、現地に行って少しすればにおいに慣れてわからなくなるでしょうし、
海外から日本に滞在した場合は食生活も変化するでしょう。
においは感覚的なものなので、海外との差を客観的に判断するのは、
とても難しいことと言えます。
【においへの考え方、習慣の違い】
また、皮脂や汗の出方とは別に、
入浴や制汗剤や香水の外からのにおい・香りの習慣によっても、
においの印象は変わりますね。

日本人は毎日入浴、ボディソープで身体をゴシゴシ、
洗髪もシャンプー付けてしっかり、が一般的かと思います。

海外では毎日入浴する習慣がなかったり、
手で優しく洗う程度で皮脂を落とさなかったり(どちらが良いかはまた別として)
することもあるようです。
においの強弱はそういう面でも違ってきますね。

皮脂や汗が時間を経ることでにおいになっていくのですから、
それをにおいになる前に取り除くか否かで体臭の強さが変わるのは当然のことです。
【体臭に敏感な社会の日本】
先にも書いた通り、日本人は体臭に敏感な社会です。
体臭に限ったことではないですが、臭いをつけることよりも、
においを消すことを好む人が多いです。

制汗剤や消臭スプレーなどは女性は特に必需品。
少しでも臭うことは不快、恥ずかしい、排除の対象…といった風になりやすいのだと思います。

自分のわきがや体臭で悩む人が、海外に住む機会があったら、
それまで悩んでいたことが馬鹿らしくなる、なんていう可能性もありますね。

父の体臭対策

私の父が、実際に行っている体臭予防法を紹介したいと思います。父は、45歳のサラリーマンです。家族から「加齢臭がする!」と言われたことをきっかけに、体臭を気にかけているみたいです。同年代の方で、同じような経験をされた方も大勢いると思います。ぜひ参考にしてみてください。

父が気を付けていることは3つです。1つ目は、入浴です。ニオイの主な原因になる汗をしっかり落とし、雑菌を殺すためにボディソープに注意して、殺菌成分が配合されたものを使用しています。殺菌成分配合と聞くと刺激が強そうで、敏感肌の方は避けがちだと思いますが、低刺激のもので十分に効果を得られるそうです。実際、私はアトピー性皮膚炎のため、とても敏感肌ですが、間違えて父のボディソープを使用してしまった時も、普段使用している低刺激ボディソープと大した変化を感じることがありませんでした。体の洗浄の仕方は、ニオイが気になる脇の下、ひざの裏などを重点的に洗浄しています。

2つ目は外出先での汗対策です。まず、外出前には必ず制汗剤を使用して汗を抑えます。もちろん、しっかりと乾かしてから外出です。それでも夏場は汗をかいてしまうと思います。そんなときのために、タオルを常に持ち歩いています。タオルではかさばってしまうため、汗を拭きとる市販の汗拭きシートでもいいと思います。濡れていたほうが雑菌までふき取ってくれるので、汗拭きシートをお勧めします。

3つ目は、生活習慣です。どうしても、付き合いなどでお酒や外食が多いですが、自宅で食事をするときは、腸内環境整える緑黄色野菜を意識的にとり、体の内部から清潔に整えることを意識しています。

たくさんの体臭予防法がありますが、小さなことを継続していくことが大切です。

どうしてもお悩みの方は専門医へ相談に

「すでに体臭が気になる。」と言う人のために、体臭予防の方法を紹介したいと思います。

「デオドランド」と言う名の付く商品を見たり聞いたりしたことがあると思います。よくテレビのCMでも流れていますよね。一般的に、体臭を抑える方法は五つあります。汗の分泌そのものを抑える制汗。皮膚常在菌をころして分解臭の発散を抑える殺菌。皮脂の酸化を抑える抗酸化。発生してしまったニオイを金属酸化物などの物理的科学で吸着する消臭。

香りで体臭をまとうマスキング。の五つです。デオドランド用品には、この五つを抑える成分がすべて含まれています。洗濯洗剤などで、「デオドランド」とついているものをよく目にすると思いますが、あれは「体臭」を抑えることについて、効果的だということなのです。

体に直接触れる衣服に、体臭の主な原因だと言われる五つのものを抑える成分がすべて含まれているため、「体臭」にたいして非常に効果的だと言えます。

このように、体に直接ニオイを付け足したり、無理に消臭しようとしたりする以外にも、日常生活で使用するものを変えるだけで効果的にニオイを抑えることも可能です。

たくさんの「体臭対策」を行ってもニオイが消えないという人は、病院へ行くことも効果的なニオイ対策だと思います。もしかしたら、病気が原因のニオイかもしれません。病気が原因だった場合、いくら消臭などにお金を使っても効果は得られにくいです。

自分の体臭の原因をしり、対策を行いましょう。

体臭は病気のサイン!?

体臭がとても気になる人もいると思います。そんな人はもしかしたら、隠れた病気の可能性もあるのです。あまり知られていませんが、病気が原因で特有の体臭を放つ場合もあります。

昔は、体臭で病気を診断する「嗅診」というものが行われていたそうです。ですから、「病気」が原因の体臭があってもおかしくありませんよね。

あぶらくさいニオイは、脂漏性皮膚炎が原因であることが多いです。また、甘酸っぱいニオイがする場合、糖尿病が原因かも知れません。糖尿病になると、糖の分解が進みにくいため甘酸っぱいニオイを発散すると言われています。また、甲状腺機能亢進症やパーキンソン病など、全身の機能を弱める病気になると代謝が亢進し、皮脂腺が刺激され、特有の体臭が出るようになると言われています。便秘も体臭の一つに挙げられます。便秘になると、体に理老廃物やアンモニアがたまり、腐敗臭をだす原因になります。

このように、もしかしたら自分の気になる体臭が様々な種類の「病気」が原因なのかもしれません。どうしても気になる人は恥ずかしがらずに病院へ行ってみるのもいいかもしれません。「病気」が原因の体臭であった場合、いくらニオイを消そうとしてみたり、ニオイを付け足して誤魔化そうとしてみたりしても、なかなか効果的な方法とは言えません。

自分の体臭の原因をしっかりと知げる事、原因に対して効果的な方法を知り実践していくことが自分の体臭との上手な付き合い方だと思います。

体臭と日常生活の意外な関係

体臭と日常生活は密接に関係しています。日常生活を改善することで体臭を抑えることが可能です。

特に体臭に密接に関係していることは、食生活です。飽和脂肪酸を多く含む動物性脂肪や動物性蛋白質の摂取を控え、野菜を中心とした食生活を心がけることで体臭はずいぶん改善されると言われています。また、一般的にニオイがキツイと言われるニンニクやラッキョウ、ニラなどを摂取することも体臭をキツくする原因になると言われています。

体臭改善に効果的な食事は、緑黄食野菜・納豆・ビタミンB・E・小麦胚芽・ウナギなど、食物繊維を豊富に含む食品を積極的に摂取することです。

働いている男性は付き合いや仕事などで時間がなく、なかなか気を付けることが難しいと思いますが、体臭を強くしてしまう食品の摂取を避け、食物繊維を多く含む食品(野菜など)の摂取を意識的に行うことで、少しでも体臭を改善することが可能です。

食生活を改善することで、口臭の改善にもつながります。意外と難しい食生活の改善ですが、毎日意識的に改善することで大きな効果が期待できます。

体臭が気になる方は、食生活を改善し、体臭が出にくい体質づくりを行うことが大切です。

特に中年男性の方にとっては、食生活の改善は難しいと思います。仕事で時間がなかったり付き合いで、刺激の強い物を食べる機会が多くあると思いますが、中年男性こそ加齢臭が気になりだし体臭を気にする時期です。自分でできる小さなことをコツコツ積むことが体質改善につながり、体臭の改善に効果を発揮します。