誰にでもある生理的口臭の原因と解消法

口の中は温度も高く、食べカスなどがたまってしまうと細菌が繁殖し、誰でも自然の口臭が発しやすくなっています。

特に起床時や空腹時、過度に緊張した時などにでる、すぐに消える口臭を生理的口臭といい、誰にでもあるものです。
この口臭は治療を必要するものではありません。
ふだんは唾液の抗菌作用によって口臭は抑えられていますが、起床時は唾液の分泌量が低下し、細菌が増加することで口臭がきつくなります。
また就寝前の歯磨きが不十分だと口臭がきつくなることがありますので、水分補給と正しい歯磨きをすることで解消されます。
緊張した時に口臭がきつくなるのは口呼吸になったり、ストレスを感じることで唾液の分泌量が少なくなることでおこります。
緊張した時は鼻呼吸と腹式呼吸を心がけ、水分補給やガムやアメなどで大液の分泌を促すことで口臭が薄まります。
女性の場合、生理時や妊娠中には、ホルモンの作用によって口臭がきつくなることがあります。
これは女性ホルモンのエストロゲンが減少することで、肌や口が渇くことによっておきると言われています。
エストロゲンはストレスや不規則な生活、睡眠不足、老化によって減少しますが、生理中や妊娠中、閉経後の女性、ダイエット中もホルモンバランスが崩れてしまいます。
ホルモンバランスを整えるためには、規則正しい生活と栄養バランスの良い食事が大切です。
またエストロゲンと似た働きをする大豆イソフラボンを摂取することで、女性ホルモンの減少による不調などの改善が期待できます。
空腹時に口臭がきつくなるのも、唾液の分泌量の低下が原因とされていますが、胃の不調が原因のことがあります。
唾液の分泌量の低下が原因の場合は、同じく水分の補給やガムやアメで解消すること出来ますが、
空腹時に胃痛やむかつき、胸やけなどの症状を伴う場合は、胃潰瘍や十二指腸潰瘍の可能性があります。
このような症状がある場合は、早めに診察を受けることが大切です。
生理的口臭は一時的なものですので、歯磨きやブレスケア用品で解消することが出来ますが、これらで解消されない場合は他に原因がある可能性があります。
自分の口臭の原因をしっかりとは空くすることが大切になってきます。

コメントする