正しいオーラルケアで口臭予防

口臭を気にしてガムやブレスケア用品を携帯している人は多いですが、その場しのぎのケアだけではなく、口臭の原因をしっかり把握することで毎日のオーラルケアをすることが大切です。

口臭の原因である細菌の繁殖を防ぐためには、食後の丁寧な歯磨きが大切になってきます。
しっかり歯磨きをすることは虫歯や歯周病の予防にもなり、これらを予防することで口臭もなくなっていきます。
歯磨きの目的は歯垢を取り除くことです。
歯垢は生きた細菌の塊で、虫歯や歯周病の原因になります。
歯と歯の隙間や歯と歯肉の隙間に溜まりやすいので、そこに歯ブラシの毛先が届くよう意識して磨くようにします。
また加齢によって歯茎が後退し、歯に隙間が出来やすくなりますので、歯間ブラシやデンタルフロスなどで丁寧に歯垢を取り除くことが大切です。
歯垢はそんなに力を入れなくても落とすことが出来るので、磨き方のコツとしては毛先を歯と歯茎の境目、歯と歯の間にきちんとあて、軽い力で小刻みに動かすことです。
歯ブラシがうまく届かないところは、歯ブラシをたてにしてみたり、違う方向から磨くなどの工夫が必要です。
慣れるまでは鏡などを使ってチェックしながら、ブラッシングしましょう。
また歯だけではなく、舌にも細菌や食べカスがついてしまい、これも口臭の原因となることがありますので、歯磨きの後に専用のブラシなどでケアすると口臭予防に効果があります。
舌の表面に白く汚れのようなもを舌苔といい、舌を保護する働きもあるので、多少ついているのが普通です。
あまり強く擦る必要はなく、優しく数回で大丈夫です。
家で出来るオーラルケアをしっかりやっていても、とりきれない歯垢が残ってしまいます。
定期的に歯医者に通院し、ケアをしてもらうことも大切です。
定期的に歯医者に行くことで、口臭の予防や虫歯の予防、歯周病の早期発見につながり、治療も早くすみます。
特に歯周病は自覚症状がないため、気付いた時には症状がひどくなっていることがあります。
定期検診をしっかり受けることで、口臭だけではなく、口の中の健康を保つことが出来ます。

 

コメントする