海外での体臭に対する考え方はこんなにちがう!?

体臭の放ち方は個人差や年齢差によるものがあります。

さらに海外に目を向けると、海外でのにおいの感じ方とらえ方には、
日本と大きな違いがあることに気づきます。
【体臭が嫌がられるのは日本だけ?】
日本人は、欧米人に比べてアポクリン腺の数が少なく、
体臭もおのずと弱いようです。

においがきつくて嫌がられるわきがも、
日本人は10%と言われていますが、黒人ではほぼ全員がわきがで、
欧米人は約80%とも言われています。

さぞ海外ではわきがに悩む人が多いかと思いきや全く逆で、
むしろわきがが当たり前の社会なので、
それによって嫌がられたり不快になったりということがないのです。

日本人は、割合的にわきがが少ないことで、嫌がられる対象となり、
隠したり治療したりとなるのですが、
海外ではそもそも異常とか病気という風には考えないのでしょう。
【食生活による体臭の違い】
また、生まれ持ったものだけではなく、
食生活によって体臭が違うというのも言われます。

韓国ではキムチを日常的に食べるのでキムチ臭くなるとか、
インドでは身体から香辛料のにおいがただよっているとかは聞きますね。

ですが、現地に行って少しすればにおいに慣れてわからなくなるでしょうし、
海外から日本に滞在した場合は食生活も変化するでしょう。
においは感覚的なものなので、海外との差を客観的に判断するのは、
とても難しいことと言えます。
【においへの考え方、習慣の違い】
また、皮脂や汗の出方とは別に、
入浴や制汗剤や香水の外からのにおい・香りの習慣によっても、
においの印象は変わりますね。

日本人は毎日入浴、ボディソープで身体をゴシゴシ、
洗髪もシャンプー付けてしっかり、が一般的かと思います。

海外では毎日入浴する習慣がなかったり、
手で優しく洗う程度で皮脂を落とさなかったり(どちらが良いかはまた別として)
することもあるようです。
においの強弱はそういう面でも違ってきますね。

皮脂や汗が時間を経ることでにおいになっていくのですから、
それをにおいになる前に取り除くか否かで体臭の強さが変わるのは当然のことです。
【体臭に敏感な社会の日本】
先にも書いた通り、日本人は体臭に敏感な社会です。
体臭に限ったことではないですが、臭いをつけることよりも、
においを消すことを好む人が多いです。

制汗剤や消臭スプレーなどは女性は特に必需品。
少しでも臭うことは不快、恥ずかしい、排除の対象…といった風になりやすいのだと思います。

自分のわきがや体臭で悩む人が、海外に住む機会があったら、
それまで悩んでいたことが馬鹿らしくなる、なんていう可能性もありますね。

コメントする