体臭は病気のサイン!?

体臭がとても気になる人もいると思います。そんな人はもしかしたら、隠れた病気の可能性もあるのです。あまり知られていませんが、病気が原因で特有の体臭を放つ場合もあります。

昔は、体臭で病気を診断する「嗅診」というものが行われていたそうです。ですから、「病気」が原因の体臭があってもおかしくありませんよね。

あぶらくさいニオイは、脂漏性皮膚炎が原因であることが多いです。また、甘酸っぱいニオイがする場合、糖尿病が原因かも知れません。糖尿病になると、糖の分解が進みにくいため甘酸っぱいニオイを発散すると言われています。また、甲状腺機能亢進症やパーキンソン病など、全身の機能を弱める病気になると代謝が亢進し、皮脂腺が刺激され、特有の体臭が出るようになると言われています。便秘も体臭の一つに挙げられます。便秘になると、体に理老廃物やアンモニアがたまり、腐敗臭をだす原因になります。

このように、もしかしたら自分の気になる体臭が様々な種類の「病気」が原因なのかもしれません。どうしても気になる人は恥ずかしがらずに病院へ行ってみるのもいいかもしれません。「病気」が原因の体臭であった場合、いくらニオイを消そうとしてみたり、ニオイを付け足して誤魔化そうとしてみたりしても、なかなか効果的な方法とは言えません。

自分の体臭の原因をしっかりと知げる事、原因に対して効果的な方法を知り実践していくことが自分の体臭との上手な付き合い方だと思います。

コメントする